英語の難しさ

“Howl's Moving Castle”を読み始めて思うのは、英語には群動詞が多く、それが熟語として登録されている時もあるけれど、そうでないときもあるということだ。

動詞と、前置詞かまたはそれが副詞化したものとが結合する形は、日本語話者には馴染みが薄い。英語では、動詞の意味と前置詞/副詞の意味との結合によって、多様な表現を作り出していくようだろうけれど、“Howl's Moving Castle”を読みながら辞書で調べたものはほとんど載っていなかった。“POD”はもともと熟語には弱いようだけれど、『熟語本位英和中辞典』にもないものがほとんどだ。

でも、これが理解できないと、英語の文中を流れる論理的筋道がはっきり分からなくなってしまう。あとで、前置詞の意味を勉強しなおさなければいけないかもしれない。
[PR]
by ijustat | 2005-07-25 11:52 | English


<< はじめに理屈ありき! “Howl's Mov... >>