Am I going to find my treasure?

午前中、“The Alchemist”を56ページまで読んだ。少年は泥棒に金を盗まれた次の日、プラザの飴売りを手伝い、その日の夕方、坂の上のクリスタル店に自分を売り込んで住み込みで働くようになった。そして、店の主人に店頭にクリスタルを陳列することを申し出、許可された。

だいぶ読みやすくなったので、少し意味のあいまいな単語は文脈で大体理解できるようになった。それでもできない単語だけ、辞書を引きながら読んだ。昨日三色ボールペンを持たずに読んだあと、今日も三色ボールペンで印を付けずに読んだ。何も書き込まない読み方は、読む速度は多少上がるけれども、確実な理解という点では少し心もとない感じがする。
[PR]
by ijustat | 2005-07-01 15:01 | English


<< 無線LAN 1冊のノート >>