The Alchemist

昨夜寝る前に“The Alchemist”を少し読んだ。もともと“The Purpose Driven Life”を読もうと思っていたけれど、この本は多少煽動的なところがあるので、寝る間際に目を爛々と輝かせてもいけない。“The Alchemist”は、以前韓国語版で読んだことがあり、おもしろかったので、これを読むことにした。

辞書は Pocket Oxford Dictionary of Current English を使わずに Collins COBUILD Learner's Dictionary を使った。寝る前なので、少し難しい語釈があったら困ると思ったからだ。しかし、コリンズの辞書は説明が長く、寝床で就寝前に腹ばいになって読んでいる読者にとっては、かえって読みにくい感じがした。それでも英和辞典を使うよりはいい。英和辞典では、概念の把握が難しいからだ。

そうやって、羊飼いの少年が自分の見た夢や羊らのことなどを考えながらある町へ行き、ジプシーの老婆に夢を解き明かしてもらったのち、素性の知れない老人に出会う所まで読んだ。

読んだページ数を見ると、9ページになっていた。ギリシア語の聖書なら1ページ読むのもやっとと思われる時間で、これだけ読めたわけだ。私は本を読む速度が人より遅く、英語なんかはさらに遅いのだけれど、それでもまあ何とか英語が使い物になりかけているようだ。うれしいことだ。
[PR]
by ijustat | 2005-06-29 13:09 | English


<< Don't forge... “The Little Pri... >>