残念な『ニューエクスプレス 現代ギリシア語』

火曜日(2012年2月7日)に白水社のサイトで、『ニューエクスプレス 現代ギリシア語』(木戸雅子著、2012年1月27日刊)が出たことを知った。以前の『エクスプレス 現代ギリシア語』をすっかりリニューアルした内容だ。

しかし、喜んだのも束の間。同サイトで公開されているたった4枚のサンプル画像の中に、編集上の間違いがいくつもあって、驚くと同時に、ちょっとがっかりした。

まず、18ページの本文。テキストには Αυτή είναι η βαλίτσα σου;(これがあなたの旅行カバンですか)と単数で出ているのに、挿絵にはカートに載った5つの旅行カバンと1つの手提げカバンが描かれている。ギリシア語では、一つと言っているのに、挿絵は複数だ。ちょっとひどいんじゃないか。たぶん著者は、この挿絵を見て憤然としたに違いない。

それから、同じく本文テキストの Γεια σου.(こんにちは)の下にあるカナ発音が、「ヤス」ではなく「ス」になっている。ちょっとした誤植だけれど、本文にあるので目立つ。

読みの間違いは、33ページの「表現力アップ」にもあった。そこでは、数字5の読みが、「ペンデ」でなく「ペンゼ」になっていた。πέντε というギリシア語が書かれていたら、間違えなかったのかもしれない。でも、そこには数字の「5」だけが書かれていたので、編集者が間違いに気づかなかったのだろう。

極めつけは、そのすぐ下にある2文だ。これはひどい。

「このメロンは甘いですか」に当たるギリシア語に、Πόσο κάνουν όλα αυτά;(全部でいくらですか)が当てられていた。そして、続く「全部でいくらですか」にあたるギシリア語が、Που είναι το φαρμακείο;(薬局はどこですか)になっていた。

ここまで間違いが多いと、何だか校正刷りを読んでいるみたいだ。

この教材は、見るとテキストの本文も実際的でいいし、語彙力アップや表現力アップで扱われている語彙や表現も、使ってみたいものばかりだ。きっと、続く内容も、魅力的に違いない。それにもかかわらず、こんなに間違いがたくさんある。これでは、この教材を手元に持っていたいという気が起こらない。

手元にある他のエクスプレスシリーズを見てみると、このシリーズは、どうやら誤植があっても再版時に直さないようだ。でも、これはちょっとひどすぎる。次に刷るときは、ぜひもう一度、誤植の修正をしてもらえればと思う。
[PR]
by ijustat | 2012-02-11 17:43 | Greek


<< 名著が突っ返された歴史 頼りないアマゾンの書評 >>