달마헌책방

知人の김완일氏が、장승배기にインターネット販売もしている古本屋があると教えてくれたのは、2010年3月6日のこと。そのあと、ずっと気になってはいたけれど、忙しさにかまけて訪問できなかった。

c0019613_16591872.jpgそして、ちょうど2週間後の3月20日土曜日。김완일氏にそこへ案内してくださいと頼み、동부이촌동で待ち合わせしてから、私の車で一緒に行った。

店の名前は달마헌책방。노량진の方から向かって、장승배기の十字路を直進してすぐに左折し、またすぐに右に折れて100メートルほど行くと、左手にある。そのすぐ先に영도시장があるけれど、土曜日の午後だからか、史上最悪の黄砂に見舞われているせいか、荒涼とした雰囲気が漂っている。

달마헌책방は、中央に영도시장への連絡通路がある商業用ビルの右側にあり、本は通路にまで溢れていた。店頭にも本が積んであるようだけれど、黄砂を防ぐためか、緑色のカバーで覆われていて、中身は見えない。

店内に入ると、天井まで本がぎっしり並んでいて、ある通路は本の山で覆われて通れなくなっている。山嵐先生のような主人と、奥さんと思われる女性と2人で本について頻りに話し合っている。

김완일氏が、気に入った本を手に取り、主人にいくらですかと尋ねると、定価の半額だと言った。私は『또 다른 한국어―국제결혼 이주여성의 언어 적응에 관한 인류학적 연구』(왕한석著、교문사、2007)を手に取った。これは新刊書だから70パーセントの価格になるという。定価が15,000원の本で10,000원。차비(足代)を引いて、9,000원だという。김완일氏は、高いと言っていた。でも私は、そんなときには他で手に入りそうもない本を探す。

その他に、『아름다운 우리말 찾아쓰기 사전』(김정섭著、한길사、1998)という本を見つけた。パラパラと捲ってみると、컴퓨터を슬기틀と言い換えるなど、行き過ぎと思われる言い換え例もあるけれど、大体において、分かりやすい言い換え例が提示されている。これも半額だという。定価が35,000원だから、17,500원か。

結局、『또 다른 한국어』の方を買い、9,000원を払った。

そのあと、主人と話をした。2年前に古本屋を始めたのだという。店内には本が溢れているけれど、インターネット販売用にデータを入力した本は、全体の3分の1に過ぎないという。作業量があまりに多いので、大変な重労働だといっていた。私が、大学教授の研究よりも大変ですねというと、これは単純労働ですよと答えた。

なぜ店の名前が달마(達磨)なんですか、と尋ねると、以前から達磨の思想に心を寄せていたからですという。私は達磨というと、禅宗の創始者で、壁に向かって8年間座禅を続けたということしか知らないので、そういうことですかというと、そうではなくて、西と東を結ぶ、重要な働きをしたのだという。自分の無知を恥じた。

私が、自分は日本から来たのだけれど、韓国にいる間に古本屋を巡り歩こうと思い立ったという話をした。そして、初めは신촌界隈にある古本屋を訪問し、それからだんだんと情報を広めていったと説明した。

すると主人は、용산の뿌리서점を知っていますか、という。それで、自分は뿌리서점の近くに住んでいて、多いときは1週間に1度は言っていますというと、会心の笑みのような表情を浮かべた。

主人の話では、뿌리서점は商売がうまいという。용산は近くに부촌(富裕街)があるので、本がたくさん出てくるし、客も多い。そのおかげで、本を安く仕入れ、安く売ることができる。自分の店では、本を苦労して仕入れているので、あんなに安く売ることはできないと言った。

しばらく古本談義に花を咲かせたあと、店を出た。主人は気さくな人で、今度来るときは、車でなく公共交通機関を利用して来たら、一緒にお酒でも飲みましょうという。私はお酒を飲まないけれど、にっこりと微笑んで、そうしましょうと答えた。

달마헌책방の住所は、서울시 동작구 상도2동 176。電話番号は、02-811-1256。ウェブサイトはdharmabooks.co.kr
[PR]
by ijustat | 2010-03-21 16:59 | Bookshops


<< 교모문고 중고장터 남문서점 >>