Book Hunter

2010年2月17日、水曜日の朝。“임거정”を検索していたら、Book Hunter という古本サイトで이현세の漫画『공포의 외인구단』の第1部がばら売りで出てきた。

1990年ごろに동대문시장で買った『공포의 외인구단』は、第1部11冊、第2部9冊、第3部10冊と、全巻揃っていた。それが、長男が友達に読ませているうちに、第1部の第10巻がなくなってしまった。

ばら売りの中に、第1部の第10巻も含まれていた。売り切れになっている巻もあったけれど、第10巻は売れておらず、20,000원という値段が付いていた。少し高いので、一瞬戸惑ったけれど、この機会を逃したら、ずっと後悔するに違いない。それで、古漫画を高値で売るこの店を恨みながら、購入した。購入時刻は、08時44分。

ついでに言えば、김수정の『아기공룡 둘리』(도서출판 혜원)も1巻から7巻まで持っていたのが、貸すなといっても長男だったか次男だったかが友達に貸しているうちに、2巻が消えていた。検索してみたら노마드북にあって、20,000원という値段が付いていた。しかし、それから数分後にまた入ってみると、“품절”になっていた。今のは夢だったのか……。

その翌々日(2010年2月19日、金曜日)。11時30分ごろ、宅配便が届いた。縦27センチ、横20センチ、高さ13センチの箱を受け取った。私宛だ。なんだこりゃ、と思って差出人を見ると、BookHunter と書いてある。漫画1冊にしては、大きい。それに、中に何も入っていないのではと思うほど軽い。

c0019613_231313.jpg心配しながら箱を開けてみると、中に新聞紙が詰まっていて、その底に「공포의 외인구단」と書いた、古びて黄ばんだ本が1冊見えた。透明なビニールに包まれている。

ビニール袋から取り出して、よく見ると、表紙はずいぶん汚れていて、ページの端が風化しかけてボロボロになっている。とても1983年11月に出た本とは思えない。よほど乱暴に扱われていたと見え、紙の裂けたページがいくつもある。1ページから4ページまでが失われている。さいわい、扉は5ページ目からで、本文中失われたページはなかった。ただ、ページを捲るたびに、埃と黴の混ざったような匂いが鼻を突く。

c0019613_2333828.jpg表紙はビニールで覆われていて、その表面には埃が固まって垢のようになったものがこびり付いていた。ビニールの表紙の端も、茶色く変色して割れている。しかも、驚いたことに、幅5.5センチほどの巨大なホチキスのような針金で留めてあって、その針金も、すっかり黒く錆び付いていた。

そこで、まずビニールの表紙に付いている垢を、ウェットティッシュで丹念に拭いて落とした。いちおう表面はきれいになった。ただ、ビニールの内側の、紙に付いた汚れは仕方ないので放置。ウェットティッシュがどす黒くなるほど汚れが付いていた。

それから、ホチキスのような針金を取り外した。ペンチで取ろうとしたら、あまりにもしっかりと食い込んでいて、ペンチがかからない。そこで、千枚通しで梃子のようにして食い込んだ針金を僅かに浮かせたあと、ホチキスをはずす道具で3ミリほど浮かせ、それからペンチで針金を引っ張った。そのあと、針金の直角に食い込んでいた部分をまっすぐに伸ばし、そのうえで、本を裏返して、刺し通されていた針金を抜き取った。

古本の修繕について、호산방の박대헌氏が、専門家に任せよと忠告していた。几帳面な人は、ビニールなどを被せてテープをつけるけれど、絶対そんなことをしてはいけないという。それは本を傷めることになるから。私が今日受け取った本が、まさにそれだった。古くなった本を修繕すると、その修繕した部分が古くなったとき、本の状態がさらにひどくなる。

本にやたらな加工をしてはいけないということを、つくづく感じた。

とにかく、こうやって第1部第10巻を手に入れて全巻揃え直した『공포의 외인구단』の版権情報は、次の通り。

 『공포의 외인구단 1』(이현세著、도서출판 대길문화사、1983年9月20日初版本)
 『공포의 외인구단 2』(이현세著、도서출판 대길문화사、1983年9月20日初版本)
 『공포의 외인구단 3』(이현세著、도서출판 이화문화사、1983年9月20日初版本)
 『공포의 외인구단 4』(이현세著、도서출판 이화문화사、1983年9月20日初版本)
 『공포의 외인구단 5』(이현세著、도서출판 이화、1983年10月5日初版本)
 『공포의 외인구단 6』(이현세著、도서출판 이화、1983年10月20日初版本)
 『공포의 외인구단 7』(이현세著、도서출판 이화、1983年10月30日初版本)
 『공포의 외인구단 8』(이현세著、도서출판 이화、1983年10月30日初版本)
 『공포의 외인구단 9』(이현세著、도서출판 이화、1983年11月20日初版本)
 『공포의 외인구단 10』(이현세著、도서출판 이화、1983年11月20日初版本)
 『공포의 외인구단 11』(이현세著、도서출판 이화、1983年12月5日初版本)
 『공포의 외인구단 2부 1』(이현세著、도서출판 이화、1983年12月15日初版本)
 『공포의 외인구단 2부 2』(이현세著、도서출판 이화、1983年12月15日初版本)
 『공포의 외인구단 2부 3』(이현세著、도서출판 우성사、1984年1月5日初版本)
 『공포의 외인구단 2부 4』(이현세著、도서출판 우성사、1984年1月5日初版本)
 『공포의 외인구단 2부 5』(이현세著、도서출판 우성사、1984年1月20日初版本)
 『공포의 외인구단 2부 6』(이현세著、도서출판 우성사、1984年1月5日初版本)
 『공포의 외인구단 2부 7』(이현세著、도서출판 우성사、1984年2月15日初版本)
 『공포의 외인구단 2부 8』(이현세著、도서출판 우성사、1984年2月15日初版本)
 『공포의 외인구단 2부 9』(이현세著、도서출판 우성사、1984年3月5日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 1』(이현세著、도서출판 우성사、1984年4月10日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 2』(이현세著、도서출판 우성사、1984年4月10日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 3』(이현세著、도서출판 우성사、1984年4月22日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 4』(이현세著、도서출판 우성사、1984年4月22日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 5』(이현세著、도서출판 우성사、1984年5月5日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 6』(이현세著、도서출판 우성사、1984年5月10日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 7』(이현세著、도서출판 우성사、1984年6月10日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 8』(이현세著、도서출판 우성사、1984年6月10日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 9』(이현세著、도서출판 우성사、1984年6月20日初版本)
 『공포의 외인구단 3부 10』(이현세著、도서출판 우성사、1984年6月20日初版本)

本のサイズやデザインは一貫しているのに、出版社は一貫していない。これはミステリーだ。

Book Hunter(북헌터)のウェブサイトは、bookhunter.co.kr。会社の所在地がいちおう出ていて、서울시 영등포구 신길7동 1629。電話番号は、02-847-0866と、011-784-4392 となっている。とはいえ、たぶん売り場はないだろう。
[PR]
by ijustat | 2010-02-19 13:47 | Bookshops


<< 유빈이네책방 책나라 >>