이화원(梨花苑)

この店は、先日行った진보の隣にある。ここも初めて入ってみた。

c0019613_1912574.jpg연희동の多くの店がそうだけれど、店の周辺には狭い駐車空間があって、駐車管理人が車を止めてくれる。この店もそうだった。

階段を上って扉を開け、店に入ると、右側にカウンターがあって、主人と見られる30ぐらいのハンサムな男性が、なにやら計算をしていた。私が入ってきた気配に気づき、ちらりとこちらを見た。一人です(혼잔데요)と言うと、あちらへどうぞ(이쪽으로 가세요)と、ほとんど私を見ないで奥の方を指差した。なんと愛想のない店だろう。

c0019613_19234928.jpg奥へ行くと、そこは狭い部屋だった。一人で来た客に個室をあてがうので、少々当惑した。何だか適当に部屋へ放り込まれたという感じだ。とはいえ、テーブルも椅子も年季が入っていて、なかなか落ち着いたいい感じだ。窓の外の緑も美しい。注文をとりに来た女子店員に、この店は雰囲気がいいですねえと言うと、部屋によって雰囲気が違うんですよ(방마다 분위기가 달라요)という。

삼선볶음밥(什綿炒飯)を頼んだ。炒飯が食べたかったし、美味しい炒飯の店を探すのも意味あることと思ったのだ。

注文したあと本を読んでいると、炒飯が運ばれてきた。食べてみると、ご飯は硬めで炒めた香ばしさがある。添えられている짜장소스も美味しい。さらに、玉子スープもとても美味しかった。これは、韓国で今まで食べた中で、いちばん美味しい炒飯だ。

先日の진보で、夕べ炒飯を食べてみた。あそこの炒飯も美味しかった。十分に満足できる味だった。でも、이화원の炒飯は、さらに美味しかった。スープまでちょっとした感動を覚える味わいだった。

先ほどのカウンターで勘定を払うとき、主人の背後に家族の写真が飾られているのを見た。ものすごく古いものまである。100年ぐらいはたっているだろうか。そして、見るとずいぶん古くから中華料理屋をやっているようだった。

この店はずいぶん古い店みたいですねえ、と言うと、ええ、まあ昔からやってますよ、と愛想のない返事。

이화원の所在地は、서울시 서대문구 연희1동 189-8。電話番号は、02-334-1888と02-334-8770。もらった名刺に「맛과 정성이 특별한 집」と書いてあった。それには同意する。でも、名刺の裏に「이화원은 가까운 곳에 있습니다.」と書いてあるのは、意味不明だ。

----------------------

2009年11月4日。同僚の先生たちと一緒にこの店を訪れた。先生たちは肉絲麵(ròusīmiàn)を頼み、私は蜊子炒馬麺(lízi chăomămiàn)を頼んだ。店の人が、それぞれ少しずつ取り分けて、みんなが両方の味を見られるようにしてくれた。食べてみて、蜊子炒馬麺もとても美味しかったのだけれど、肉絲麵の美味しさは、すばらしかった。
[PR]
by ijustat | 2009-10-26 19:34 | Restaurants


<< 교보문고(敎保文庫) 우리동네책방 >>