푼 교재

구몬(公文)から招待状が来た。アパートの前で宣伝をするらしいけれど、内容を見ると、すでに公文で学習している子どもへの招待状らしい。

そこに「푼 교재 가지고 와야해요.^^.」と書いてあった。
妻と私はそれを読んで、「푼 교재」とは何だということになった。解釈できないのだ。
私は辞書を引いた。しかし、「푼」を辞書では“옛날 엽전의 단위”とか、“백분율의 단위. 1할의 10분의 1”などと出ていて、これでは上の文章が解釈できない。

妻は我慢できずに구몬학습 신용산지국へ電話をかけた。そして、「푼 교재의 '푼'이 뭐예요?」と聞いた。
電話を切ると、「解いた」って意味だってさ、という。

なあんだ、そうだったのか。全然気が付かなかった。
「푼 문제」だったら私もすぐに分かるけど、「푼 교재」といったら、「교재를 풀다」だ。
うん、公文なら分かりそうだ。教材に直接書き込んでいくから……。
[PR]
by ijustat | 2009-03-27 21:19 | Korean


<< ネットブック 軍手のニギニギボール >>